車を売却する際に必要となる書類

 
車の売却には、さまざまな書類が必要です。書類の中には取り寄せに時間のかかる書類があることもありますので、売却を考え始めたならまず書類の確認をしましょう。

普通自動車を売却する場合に自分で最低限必ず用意するべきものは、実印、印鑑証明書、自動車検査証、自賠責保険証、自動車税納税証明書です。他に必要な物があるかどうかは、場合によって異なります。

これらの書類を揃える時にはまず、必ず自動車検査証と印鑑登録証明書の姓名と住所が同一であるかどうかを確認してください。

前回の車検を更新してから売却までに、住所の移動(引っ越し等)や、結婚・離婚等をして氏名が変わっていれば、住民票または戸籍抄本または謄本が必要になります。これは、自動車の購入から売却まで、所有者が同一人物であるという証明をしなければならないからです。

氏名が変わっておらず引っ越しを一回だけしている場合は、住民票の除票を用意すれば大丈夫です。複数回引っ越しをしていれば住所の履歴が載っている戸籍抄本を用意しましょう。

複数回引っ越しをして、かつ氏名が違っていれば戸籍謄本が必要になることがあるかもしれません。用意する書類で同一人物と証明できる書類を用意しましょう。

車検が残っている場合や廃車手続きをしていない場合、車売却の際に自動車検査証は必ず必要になります。紛失・盗難でなくした場合は、陸運支局で再交付しなければ車の売却ができませんので注意してください。

実印は、車売却の際に必要となる譲渡証明書に捺印するために必要です。車所有者の実印を用意してください。

そのために、用意した印鑑が実印であることを証明する印鑑証明書が必要です。発行後三ヶ月以内のものを用意すればよいでしょう。もしも印鑑登録をしていない場合は、自分の住む市町村の役場に行って印鑑登録をすれば、発行することができます。印鑑証明書は通常一通ですが、場合によっては二通必要になることがありますので、事前に売却先に確認しましょう。

自賠責保険証は、車で公道を走る際に必ず加入しなければならない強制保険です。車検の際に自賠責保険にも加入をしているとは思いますが、もし自賠責保険証をなくしていたら、加入している保険会社に連絡して再発行してもらいましょう。

自動車税納税証明書は、毎年5月末が納付期限のもので、車検を受ける際に必要な書類です。紛失している場合は各都道府県の税事務所で、軽自動車の場合は市区役所で、再発行してもらいましょう。

これらは一つでもなければ再発行の手間がかかりますので、全部手元にあることを確認していれば車の売却もスムーズにいくでしょう。

以上の書類があれば店舗での売却はあまり問題なく進むでしょう。その他には、預託済みのリサイクル券、車の売却金を振り込んでもらう自分の口座番号のメモがあると便利ですのでぜひ用意しましょう。もし、相続などで他人名義の車を売却する場合は、相続に関する書類も必要となってきます。

上記の他に、必要な書類として譲渡証明書があります。これは車を譲渡したり名義変更をしたりする際に必ず必要となる書類なのですが、個人間で車を売却するときに必要な書類だと思えばいいでしょう。入手は陸運支局ですることができます。中古車買取専門店に売却したりあるいは下取りに出す場合は、たいてい業者が用意してくれています。その場合は、特に自分で用意する必要はありません。

他に必要となることがある書類として、所有権解除証明書があります。ローンやクレジットで車を買い、車検証の所有者がディーラーやローン会社など、自分自身の名義でない時にこの書類が必要となります。このときは名義の会社に連絡して、所有権解除書類を揃えましょう。