中古自動車査定士

 
中古車の査定とは誰でも行えるというわけではありません。正式には日本自動車査定協会のもと、技能検定に合格し査定士の資格を有する人だけが行えるものです。このように資格を有する人を「中古自動車査定士」と言います。

しかし中古自動車査定制度の背景には普段査定を行っている人でもこの中古自動車査定士の資格を持っていな人も多々見受けられます。この中古自動車査定士になるためには、日本自動車査定協会が実施する三日間の講習を受けて技能検定試験に合格し日本自動車査定協会に登録されることが条件となります。

さらに査定士には二種類に分けられ、一つは小型車査定士といって乗用車や商用車、最大積載量4t未満の貨物車にあたる自動車の査定を行うことができます。もう一つは大型車査定士でバスや大型貨物車などの査定を行うことができます。

これらは各地で実施される中古自動車査定技能検定でどちらの資格を取るかにより試験内容が変わってきますが、受験者はそれぞれの条件を満たしている必要があります。小型車査定士を受験する場合は普通免許証以上を取得していることが条件となり、大型車査定士を受験する場合は大型第1種免許以上を取得していることに加え、自動車販売・整備の経験が少なくとも半年以上あることが条件となります。

そしてどちらも日本自動車査定協会が実施している三日間の講習を修了していることです。この条件をクリアしている人が技能検定試験を受験することができます。試験内容は中古自動車査定制度について、中古自動車査定基準、同細則及び加減点基準、自動車の構造について、機能及び取扱、保安基準についてなど多くの内容に加え査定の実技試験が行われることになります。

こうした試験を合格し査定士の資格を有する人がオークション会場などでは査定にあたっており、安心して消費者は車を購入できるのです。自動車業界で働く方や中古車買取店で働く方には重要な資格になるのではないでしょうか。

中古自動車査定士


ただし、中古自動車査定制度があるものの、この資格を持たずして買取査定を行っている買取業者も少なくありません。国家資格ではなく民間資格となりますし持っていないと行えないものではないため、どうしても軽視しがちになるでしょう。

しかし資格というものはステータスとなり就職に有利になったり、昇給に繋がったりということが重要なのではなく消費者から見て資格取得者に車を見てもらう場合とそうでない場合では安心感がまったく違うものになるのではないでしょうか。

つまり店舗側や会社側からしてみても、自店や自社のスキルアップまたは集客などに繋がることが最も重要な部分と言えるでしょう。

さらに「査定士技能コンテスト」と言われるものも実施されており、定期的にコンテストを行うことで技術の向上を目的とし信頼度アップにも繋がる大切な催し物と言えます。開催者は査定士を登録・管理している日本自動車査定協会で優秀な査定士に対しては「最優秀査定士賞」などが授与されることとなり、コンテストの全国大会に進出できるなどその腕を競うことができ、さらに入賞すれば自身にしても店舗にしても技術の高さを証明できたり信頼性を高めることもできるので、消費者から絶大な安心感を得てお客さまと接することができることでしょう。

こういった中古自動車査定士が存在し、中古自動車制度があるからこそ中古車市場は混乱することなく一定の基準に従って流通が円滑に行われているといえるでしょう。