愛車高価買取のポイント

 
長年自身の足となって活躍してくれた愛車を手放すときには、「高く買い取ってほしい」と考えるのが通常でしょう。

次に買う自動車の購入資金に充てるためや、大切に乗ってきたということを評価してほしいといったように、それぞれの人によってその理由は異なりますが、それでも「買い取り価格はどうでもよい」と思う人は大富豪以外ほとんどいないでしょう。

しかしながら、自動車が高く買い取ってもらえるかどうかということについては買取業者の判断次第です。業者の査定のなかで「商品としての価値が低い」と判断されてしまったのであれば、持ち主がどれだけ大切にしていた自動車であったとしても、高額での買取を望むことは難しくなってしまいます。

ではこうした自動車買取のなかで、愛車をより高額で買い取ってもらうために必要なこととはどういったことなのでしょうか。

愛車をより高額で買い取ってもらう最大のポイントは、なんといってもすぐれた車売却システムを利用することですが、そのほかにもいくつかポイントがあります。

アコード

まず一つ目のポイントとなるのが「査定前には洗車をする」ということです。洗車機を使った洗車でも手洗いでも良いのですが、とにかく査定前には自動車をきれいにしておくことが重要です。外見が泥だらけの自動車はどうしても査定をする人に対して悪い影響を与えると考えたほうがよいでしょう。

多少の泥はね程度であれば問題はありませんが、明らかに洗車をされていないような自動車の場合は、自動車の性能自体にも疑問を持たれかねません。しかし外見が綺麗ということは、それだけ「大切に乗っていた」と思ってもらえる要素となる可能性は高まりますから、査定前にはしっかりと洗車しておくことも重要です。

次に二つ目のポイントとして注意をしたいのが「キズの修理をしておく」ということです。キズの修理としてとくに行なっておきたいのが「磨いて消えるような微細な傷」です。例えばドアノブの周りなどに出来る小さな傷は、ほとんどの場合コンパウンドやメラミンスポンジ(ドアノブ周りに限る)で磨いてやれば簡単に消すことができます。

自動車に傷が付いているということは、それがどれほど小さなものであったとしても良い評価にはなりません。コンパウンドなどで擦れば簡単に消すことができる程度の傷を、そのまま放置しておくということはあまり賢い選択とは言えないでしょう。

ですがその反面、板金加工をしなくては消せないような傷に関しては、キズの修理をせずにそのままにしておいた方がよいこともあります。最近だと自動車買取業者の中にも修理工場を持っている、提携しているというような業者が多くあり、そうした業者に依頼したのであれば板金加工をしないと消せないような傷でも、以前までのような価格ダウンは発生しなくなりました。

むしろ自動車買取業者が工場を持っているのであれば、個人が工場に発注するよりも業者が自社で直した方が安く上がります。傷が原因であまりにも価値が下がるようなのであれば板金加工を検討しても良いのですが、初めて査定に出すのであればそのままにしておいた方がよいでしょう。

そして最後の三つ目として注意したいのが「点検整備記録簿を用意する」ということです。点検整備記録簿とは「24ヶ月点検」と呼ばれる、車検とは別の安全検査の際に行った点検・整備を記録しておくための用紙です。これは車検証とは別のものであるために見落としがちなのですが、点検整備記録簿にはその自動車の不調の有無、修理の状況が細かに記録されています。

査定の際にこの点検整備記録簿がしっかりと用意されていると査定が効率的に行えるうえ、点検の状況が保証されることになりますからそれだけで価格ダウンを抑えることができるようになるのです。

ディーラーで車検を受けている場合には車検の際に行われることが多いのですが、ユーザー車検の場合は「別サービス」とされていることも多く、そうした場合には点検整備記録簿が無いということにもなりかねません。そのため点検整備記録簿は査定に出す前にしっかりとチェックしておきましょう。

すぐれた車売却システムはここから!