事故車と廃車

 
少し前までは事故によって破損してしまったような自動車に関しては中古販売ができないため、廃車という選択肢しかないという考えが一般的でした。しかし時代が変わった現在では衝突などで破損してしまった車だけでなく、動かなくなってしまったような車でも買い取りに応じる業者が増えてきました。

なぜ破損していたり、動かなくなったような車に値段を付けて買い取れるのでしょうか。それは、中古車業界に国際化が起こったことや、国内の中古車部品の流通インフラが整ってきたことと関係があります。それまで事故車ということで日本では買い手がつかないような車でも海外では販売することが出来たり、また自動車自体は売れなくても事故時に無事だった車の部品も買い取ってもらうことで利益をあげられるようになったからです。

日本で販売できなくなってしまった自動車でも、海外に目を向ければ部品だけでも高値で買い取ってもらえることに気付いた中古車業界は、そのネットワークを世界に広げることで、いままで見向きもされなかった廃車寸前の車の売買も可能にしたのです。クオリティが高く燃費性能も優秀で、壊れにくい日本ブランドの製品は、事故車の部品であっても海外の市場で需要が高いのです。

事故車

衝突などによって、どこかが破損してしまった自動車というが事故車の定義だと考えている方も多いと思います。しかし、中古車を扱う業界において「事故車」とは、災害や事故によって自動車の車体のフレーム(骨格)が破損したもの、もしくはフレームが歪んだという修理歴のある車の事を指します。他の部品ではなくフレームに破損があるかどうかを重視するわけです。

ですからたとえ事故で破損したとしても、フレームに問題がなければ中古車業界では事故車としては扱わないのです。そのかわり、過去にフレームを交換したことがあったり、修理したことがある場合は現在破損していなくても事故車として扱われます。

これはフレームが破損すると走行能力が著しく低下するためこのような扱いになっているのです。中古車を扱っている雑誌や販売店ではこのフレームの破損経験を持つ自動車のことを「修復歴車」と呼びます。

この呼び名は自動車公正取引委員会が規約によって修復歴車という表示を義務付けているため、このようになっています。ですから中古車の買い取りで事故車の取引をする際には、一般的に言われる事故などで破損したままの状態の車の取引と、過去に破損したが現在は修復している車の取引という二つの取引を使い分ける必要があります。

これまでは、所有している自動車の状態を確認して、まだ十分走行できるか、状態が悪いのでもう走行できない、という事を判断してきたと思います。いまでも走行可能だと判断した車を手放す時には買い取りを行い、もう走行できないと考えた自動車を手放す際には廃車を選択していたと思います。

もしかしたら現在もそのような判断をされている方もいるかもしれませんが、最初に述べたように、いままでは利益にならず引き取ってもらえなかったような車でも、中古車業界のインフラ整備が整い販路が海外まで伸びた結果、中古車でも購入したがる層が増え、その部品にも多くの需要が集まるようになりました。

そしてこれにより今まで修復歴車としてさえ扱われなかった廃車レベルの車でも売れるようになったため、例え大きく破損して原形を保てなくなってしまったような車でも売ってほしいと考える中古車業者が多くなってきたのです。

それと今までは故障した車は修理してから買い取ってもらうようにしてきたかと思いますが、現在では人件費分等の余計に費用が掛かり損になるため、故障した車であってもそのまま査定した方がお得になったりします。

 事故車のの買取りはここから!