燃料電池車(FCV)の購入

燃料電池車(FCV)の未来

 

燃料電池車

2015年は、水素社会元年になるのでしょうか? トヨタ自動車は、2014年12月に一般消費者向け燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」を発売しました。ホンダも15年度内に燃料電池車を販売開始する予定です。

燃料電池車(FCV)は、走行するのにガソリンを必要としません。必要なエネルギー源は「水素」です。水素と酸素が結合する反応から生み出される電気を動力源としています。エンジンの代わりに、モーターで車を動かすのは電気自動車(EV)と同じです。

電気自動車(EV)との違いは、タンクに補充した水素と空気中の酸素を燃料電池に送り込み、“クルマみずから”が発電できるところです。

燃料電池車(FCV)が、水素をエネルギー源として利用することには、2つの大きな意味があります。一つは、水素がガソリンなどの化石燃料と違って、ほぼ無尽蔵の資源だということ、二つ目は、二酸化炭素が発生しないクリーンなエネルギー源だということです。

これにより人類の課題である、エネルギー資源の枯渇や環境悪化の問題を回避できる手段として期待できることです。

ただ、いま発売されたばかりの燃料電池車(FCV)には、大きな課題もあります。それは、ガソリン車に比べて価格が高いということと、水素を供給するインフラがまだ整っていないことです。

車両価格については、国の補助金を使えば、520万円程度で購入できますが、まだまだ高価だと言えるでしょう。水素ステーションの整備もまだこれからといった段階です。

そんななか2015年1月、トヨタ自動車は、燃料電池車(FCV)の普及を促すために、世界で保有する燃料電池車関連の「特許」をすべて無償化すると発表しました。

この決定について、豊田章男社長は、「地球人として、このあとの50年を見据えてやるには、こういうことが大事という判断」だと述べたそうです。これには燃料電池車(FCV)に参入する企業を増やし、技術競争を促進し、水素ステーションなどのインフラ整備を加速させるという狙いがあったとしても、大英断だと言ってもよいでしょう。