コンパクトカーの購入

コンパクトカーとは

 

コンパクトカー

コンパクトカーとは、エンジンや車体を小さくした乗用車につけられた呼称ですが、明確な定義はありません。一般的にはボディが、エンジンルームのほかに、乗車空間と荷物空間が一緒になった2ボックスで、おおむね1000〜1500cc程度のクルマを言います。

コンパクトカーは、「軽自動車」と違って法律上の用語ではなく、分類する実益がどこにあるかということになると、あまり明確なものはないといえるでしょう。社会生活上の必要性からというよりも、各メーカーのパンフレットやチラシ、あるいはホームページの閲覧など、販売戦略上おおまかな分類としてあったほうがよいという程度のものかもしれません。