車買取専門店と車オークション

 
車買取専門店と中古車オークションの間には、密接な関係があります。中古車買取専門店では、買い取った車をどのようにユーザーに流通させているのでしょうか。

一般的に、中古車買取専門店では、買い取りされた自動車は、店頭販売によって次のオーナーを見つけるか、中古車販売業者の参加するオークションに出品され、再び国内で販売されます。

ユーザーから買い取られた車は、店舗で洗車や点検が行われ、名義変更や所有権解除等の手続きが行われます。その後、店頭での販売が可能な車と、そうでない車にわけられます。

店頭での販売が可能な車は、店頭でプライスカードをつけられて販売されます。店頭での販売が難しい車は、全国の中古車販売店が参加するオークションに出品されて、新たな買い手が探されることになるのです。

クラウンマジェスタ

店頭販売では、人気のある車や走行距離が少ない車、状態の良い車などが主に販売されます。また、買取後からオークション出品までの期間だけ販売される場合もあります。走行距離が少なかったり、程度がよい車、人気のある車、ETC・ナビなどのオプションパーツがついたままの車などは比較的早く買い手がつきます。

このため、1つの店舗に長期間車を置くことなく流通させることができます。また、店頭販売をすることによって、オークションへの出品手数料や配送料などの負担が軽減します。このため、一般的に中古車買取専門店で販売されている中古車は、市場の相場よりも少し安価で販売されていることが多いと言われています。

一方、買い取りをされてからオークション出品される車もあります。市場であまり出回っていない珍しい車や、状態があまりよくない、走行距離が多いなどの理由で、店頭での販売が難しい車などがオークション出品されるのです。

市場ではあまり出回っていない珍しい車は、一部のマニアとも呼ばれる顧客に人気があります。そのような珍しい車を多く扱う中古車販売店もオークションに参加しています。店頭ではなかなか売れない車でも、オークションを経由することによって、流通させることが可能になるのです。

オークションの方法としては、車の出品データが、オークションに参加している業者へと一斉に配信されます。参加業者は数万社とも言われています。オークションに出品された車は、全国の中古車販売店が「競り上げ方式」で落札価格を入札していきます。最高値を付けた業者が車を落札する、という仕組みです。このように、オークションでは「欲しい業者が競りあって車を限界まで高値で取り合う」のです。

同様に、程度のあまりよくない車なども、中古車販売店や修理業を営む会社に買い取られます。そこでは、丁寧に修理され、新しいオーナーへと引き継がれます。走行距離の多い車なども、入念な整備が行われ、ユーザーに安く提供されます。

中古車買取専門店では、車の買取価格を決める際に、こうした中古車オークションの相場を参考にして買取価格を決定します。オークションに出品したとき、だいたいどのくらいの価格がつくのかを考慮して、その相場から店舗の利益を引いた価格で買取が行われます。

店頭販売を行っている中古車買取専門店の場合、店頭での販売が可能な車であれば、オークションの相場以上の価格で買い取りを行うことも珍しくありません。なぜなら、直接買取から直接販売への流れでは、オークション出品に必要な出品手数料や配送料等の負担がなく、買取価格と店頭販売価格の差が、そのまま店舗の利益となるからです。

したがって、愛車を高く買ってくれる買取業者を探す場合は、店頭での販売も行っている買取専門店を探すことで、高い買取査定額を望める可能性はあるのです。

ただ、実際には、どこにこのような買取専門店があるかを探すのは、極めて困難というよりも一般ユーザーには不可能に近いので、高い買取査定額を望む場合は、インターネットによる車の一括査定を利用するのがおすすめです。

 車の一括査定はここから!